耳鼻咽喉科のお医者様募集

さとう耳鼻咽喉科 外観写真

物件情報


さとう耳鼻咽喉科



所在地   福岡県宗像市平井1-1-37

敷地面積  約1500㎡(454坪)

駐車場   30台

診療科目  耳鼻咽喉科

構造    軽量鉄骨(セキスイハウス) 2階建て

築年数   約10年

床面積   50坪 

賃料    450,000円(税別) 相談可
      内装込
      駐車場 29台 共有(無料)

備考    2010年9月に開院
      院長先生の体調により2020年2月に閉院
      耳鼻咽喉科の一般的に必要な医療器械は
      全て揃っております

      さとう耳鼻咽喉科情報https://www.satomimi.jp/
      詳細はこちらまでお問合せ下さい


▼ 建物配置図

福岡市博多区の医療開業物件を紹介
眼科・心療内科のお医者様募集


現在、福岡市博多区那珂1丁目822番1 にて、クリニックモールを計画しております。
JR竹下駅から5分程の場所で、近くにはアサヒビール博多工場、沖学園高校があり、周囲は住宅街に囲まれた場所です。

2020年11月。いよいよ福岡市青果市場跡地、三井不動産などがスポーツ公園を備えた商業施設着工しました
また、2022年には青果市場跡地(500~600mの付近)に「ららぽーと」 「キッザニア博多」の出店も予定されております。

https://fanfunfukuoka.aumo.jp/articles/88496

建物は戸建て(建貸し)を予定しており、自由な間取りで開業することが可能です。
敷地面積は1112.59㎡(337坪) あり、クリニック2件、薬局1件、駐車場は19台~15台となる予定です。

スロープもあり、車椅子の方にも利用しやすい設計です。

2021年5月に皮膚科クリニックの開院が決定しており、開業に向けて準備中です。

クリニックの詳細資料は完成予定CG図などがございますので、お問い合わせしていただけたら送付いたします。

募集科目は「眼科」・「心療内科」


当社の診療圏調査により眼科 診療内科に最適なエリアです。

物件情報


那珂メディカルガーデン物件概要



所在地   福岡市博多区那珂1丁目822番1

敷地面積  1112.59㎡(337坪)

用途地域  宅地

構造    木造

階数    2階

床面積   1クリニック30~80坪 2院予定

賃料    9,000円/坪 (税別)

      内装別(先生のご負担となります)

      駐車場 19台~15台(予定) 共用(無料)

備考    上記を基準として協議のうえ決定


▼ 外観イメージ・建築地(予定)

那珂project イメージパース

【アスレティックトレーナーが解説】40代以降の筋トレは、体重増加の解消や体型維持に役立つだけではありません。生活習慣病予防や精神的なコンディションを整える上でも有効です。40代の筋トレ効果、注意点、何から始めたらよいかわからない人におすすめの筋トレ方法をご紹介します。

【アスレティックトレーナーが解説】20~30代でも運動習慣がないと年に1%ほど減っていく筋肉。40代以降は減少量がさらに加速し、体重増加の原因にもなります。「40代の筋トレは無意味?」「40代からでも筋肉を増やせる?」40代以降の筋肉のつけ方について解説します。

【栄養管理士が解説】里芋は日本人に古くから親しまれている食材で、食物繊維やでんぷんも豊富。離乳食にももってこいです。里芋の栄養素、効能、変色してしまった場合の注意点の他、上手な皮むきの方法、かゆみの取り方・予防法、保存方法について解説します。

めでたく管理職に昇進すると声がかかるのが採用選考の面接官。いざ指名されると何をどう聞けばいいのか意外と分からないもの。ここでは、新卒採用の面接に不慣れな方でも的確に候補者の人物像を理解するための質問方法や事前準備の心得を紹介する。

【管理栄養士が解説】レンコンは、風邪でもよくある喉の痛みや咳に効果的と民間療法や漢方でも使われてきました。栄養学的に見ると、ビタミンCやポリフェノール豊富で、健康にも美容にも魅力的。変色したり粘りがある場合や、レンコンアレルギーや毒性の有無、栄養を保つ調理法・保存法などをご紹介します。

【管理栄養士が解説】肌荒れ・手荒れの原因は様々ですが、食生活や栄養素の過不足も一因です。肌荒れ予防・改善に有効な栄養素として欠かせない水溶性ビタミンやたんぱく質を始め、かさつき、乾燥肌、ニキビなど肌の悩みに応じた栄養素も知っておきましょう。肌荒れ予防・改善に役立つ食と栄養情報をご紹介します。

【公認心理師が解説】コロナ禍の自殺件数は子どもも増加しています。調査では72%の子どもが何らかのストレスを抱え、親子関係の深刻化も懸念されるようです。子どものストレスは、痛みや夜尿などの身体面、キレる行為や閉じこもりなどの行動面で表れることも。身近にいる大人ができること、子どもの心の健康を守るために大切なことを解説します。

【公認心理師が解説】コロナ禍で自殺者数が増加しています。特に30代以下の女性が深刻で、昨年同月比で74%も自殺件数が増加してしまった月も。コロナによるコミュニケーション量の不足も一因と考えられます。女性ならではの心の健康の保ち方、命を守るために大切なことを考えてみましょう。