調剤薬局とは

薬剤師がおり、処方箋に基づいて薬剤を調合する薬局のことを示します。 患者様ごとに薬歴を作成し、重複投与や飲み合わせ、症状にあったお薬であるか、副作用は出ていないかなどを チェックして安全に安心して服用できるように使い方を説明したり、相談に応じることが主な仕事になります。

調剤薬局と保険薬局の違い

保険薬局とは公的保険制度の健康保険を使った調剤、処方が行える薬局のことをしめしています。 一般的な調剤薬局では、保険薬局の指定を受けていませんので、一般試薬品の販売はできますが、健康保険の適用を受けた 医師の処方箋を受け付けて、保険調剤を行うことができなくなっています。調剤薬局では保険の適用にはなりませんので、 同じ医薬品を受け取ることは出来ても、100%自己負担になってしまいます。 そのためほとんどの調剤薬局は特別な理由がない限り、調剤薬局は指定を受けて保険薬局として開設しています。 保険薬局には「保険調剤薬局」「処方箋受付」など、保険が使える調剤薬局であるということを表す看板などが目立つところにかかげられています。